Menu

skin bugs

本作品では「秋葉原」の2次元の要素を用いました。デバイスがディスプレイに影響を受け、その結果3次元の軌跡をアウトプットします。デバイスはディスプレイに写るキャラクターの肌に反応し動きを止めます。ディスプレイに映るキャラクターはループし繰り返し表示されます。「腐敗することのないデータ」と「劣化するデバイス」、「可逆性」と「不可逆性」の要素を引き合いにし相反するものが持つカオスと魅力にせまっていきます。

Categoy:Digital Device, Installation

skin bugs from ManabuAriyoshi on Vimeo.